WITZ 旅写真ブログ

WITZ 旅写真ブログ

最近少し写真を日常的なものにしようと思っています。
堅苦しいものでなく、カフェなどの写真も掲載してみます。
今日は足腰の訓練にと横川から本通りまでを歩き、スタバさんで写してみました。
撮り方も変えながら、自分なりの勉強も兼ねて写しています。
よく
「どうしたら上手になれますか?」
という質問をされますが、
「たくさん撮ることです」と答えています。

写真も時代ととも変化しています。特に最近ではインスタ映えなどと、写真そのものがスマホ撮影となって、誰でも手軽に楽しめるようになってきました。
そんな写真業界ですが、
そうした流れに押し流されるか、流れに逆らってみるか、人それぞれに考えは異なりますが、WITZの場合いい具合に流れに乗れればなどと考えています。
そのためには時代に寄り添った写し方が必要ですので、日々時間があれば練習しています。
デジタル時代、
誰がとっても同じでは?
という方もいらっしゃいますが、それでは流されてしまいます。

今年は明治維新から150年となりますので、高杉晋作と維新についてまとめてみました。
明治維新には良い歴史もまた負の歴史も残ります。
が、
歴史はできるかぎり正しく残すことも必用です。
時代の判断ですから、結果として良い方向に向かったもの、また悪い方向へ向かったものなど残ります。
私たちは、そうした時代の判断をただドラマとして楽しむのではなく、時代に翻弄され生き抜いた方々に、賞賛し反省もしながら、感謝の思いを持つことも必用でしょう。
画像は、
柳井市妙円寺境内にある清狂草堂で教えられていた月性の像です。
男児立志出郷関
(男子志をたてて郷関をいず)
学若無成死不還
(学もし成る無くんば死すとも帰らず)
埋骨豈期墳墓地
(骨をうづむるに何ぞ期せん墳墓の地)
人間到処有青山
(じんかん到る処せいざんあり)

山口観光写真 旅ブログ

山口観光写真と並行して、広島観光写真を写しています。
広島の情報をWITZの目でまとめてみたいと始めました。インスタ映えとか、コンテストとか頑張りすぎないように、できるかぎり忠実に写しています。
広島観光写真」旅ブログ

先日錦川清流線に乗ってみました。清流線は岩国駅と錦町広瀬駅を結ぶローカルな錦川鉄道が営業されています。
私の生まれも岩国市、少しでもと写真を撮ってブログなどに載せてみました。
いくつもある小さなトンネルは、子供たちの冒険心を満足させることでしょう。
大人の方はゆったりと流れる清流で心をいやし、全国的に有名な鮎料理や山菜料理でお楽しみいただけます。
山口観光写真」旅ブログ

岩国市へ錦帯橋の鵜飼いを写しに行ってみました。遠く暗いので、なかなか難しくこれくらいしか写せませんでした。多くのカメラマンは上流の橋の上で狙いますが、臨場感を出そうとあえて下から狙いました。
再チャレンジですね。

今日のサラメシは事務所でご飯を炊いて、和幸さんの一口ヒレカツを二枚購入、キャベツとソースはサービスでついていますので、贅沢感のある財布に優しいサラメシです

周防大島町への橋、大島大橋を渡ると目の前の山が飯の山(いいのやま)です。頂上まで道路がありますが、道幅が狭いのでご注意ください。
頂上展望台より、詳しくは「山口観光写真」でご覧ください。

今回は山口県周防大島町の「茶粥」を写してみました。
この地方で今でも食べれられている茶粥ですが、美味しい文化が残っていました。

詳しくは「山口観光写真」でご覧ください。

古い画像を整理していたら懐かしい九十九里浜が出てきました。まさに想い出の九十九里浜ですが、この写真は震災の少し前に撮ったもので、九十九里の北東にあたる刑部岬の少し手前です。

1 2 3 4 ... 12 »